アイキララの効果はどれくらいの期間使ったら実感できる?

アイキララは目元のクマによく効くクリームです。

どのくらい使えばいいのか?
何がくまに効果的なのか?調べてみました。
■アイキララはどれくらい使ったら効くのか?

アイキララは、顔の中でも目の下のくまに特化した特別な
美容クリームです。

実は目元は皮膚が薄くて、人間の皮膚の中でも一番薄いと
言われている大変デリケートな場所なんです。

この部分は、年齢によって皮膚のコラーゲンが失われたり
栄養不足になると下の血管とかが丸見えになるので
皮膚が薄くなってくまがひどくなることもあります。

残念ながら皮膚は、毎年何もしなくても老化してしまうので
何か対策をしてあげないと目元のクマは、手がつけられないくらい
ひどくなってしまいます。

アイキララは、隠すのではなくてハリと弾力を皮膚に
取り戻させる働きがあり、健康で若い時のような
ふっくらとした皮膚を取り戻してくれるんです。

くまの種類は、色素沈着とか、年齢によるもの、睡眠不足、
ストレスなど様々なもので青いのは、体内の疲れによるものと
と言われています。

この疲れで皮膚が痩せてくまが出来るのは、アイキララの効果が
実感しやすいものなので、しっかりつかえば2~3ヶ月で
ほとんどなかったが効果を実感できます。

人によっては効き目が現れるまでの期間が短くて、3週間くらいで
すぐにくまが薄くなってきたという方もいます。

人によって皮膚が予想以上に傷ついていると、ほかの人よりも
効果が表れるまでの期間が長くなってしまうことがあります。

例えば、目元は手で擦るだけで色素沈着するデリケートな場所
ですから、洗顔の時に無意識に擦るクセがあるとなかなか
効果が出ない人もいるんですよ。

正しい塗り方をして、あまり目元に刺激を与えないのがいいです。
■アイキララの効き目が出るまで時間がかかるのは何故か?

アイキララはMGAというビタミンC誘導体を使用していて、
加齢によってハリと弾力をよみがえらせるので、目元が
明るくなる働きがあります。

MGAがコラーゲンをサポートして皮膚の中に留まりやすいように
してくれるので、ゆっくりと肌のサイクルに合わせて加齢で
薄くなった皮膚を強くサポートしてくれます。

皮膚が若い時のように厚くなれば、下の血管とか体の中が
見えにくくなるので目元のくらいイメージが変わります。
これが青くまです。

シミが原因で出来る茶くまも、しっかりと栄養をあげて
あまり刺激しないようにしっかりと保湿すればシミとか
刺激とかでできる茶くまにも効果があります。

様々なくまに効果があるのですが、肌の皮膚の生まれ変わりを
促しているので、実際に効果を実感するまでは二回くらい
肌が入れ替わらないと実感できません。

簡単に説明すると、肌のサイクルは30歳くらいの人で
1ヶ月とちょっとで全部細胞が入れ替わります。
(年齢が高いともっとかかります)

このサイクルを二回繰り返すので、本格的に効果が
実感できるまでの期間は、早くて2ヶ月、遅くても3ヶ月くらい
かかってしまうのが普通です。

良い成分で出来ているクリームなので、年齢対策として
しっかり使うのがお勧めです。

⇒アイキララの公式サイトはこちら