黒クマについて

黒クマを解消するお勧めなアイクリーム

黒クマを解消するためのアイクリームは
たくさんの種類のものが売られています。

たくさんあるクリームの中から一番お勧めなものを
理由も添えて紹介します。
■黒クマに効くスキンケア商品とは?

黒クマは、老化が原因でたるんでしまう事でできてしまうのですが、
たるみに効果的なアイクリームとはどのような物なんでしょうか?

老化を改善させるためには、皮膚にシワがよっている方が多いので
油分などの潤いをたっぷり含んだクリームが効果的です。

しっかり潤って、肌を元気な状態に導いてあげると皮膚は、
自分自身で新しい皮膚を作る力をリズムよく取り戻します。

油分だけのクリームだとベタつくので、途中で使うのが嫌になって
やめてしまう人もいます。

黒クマのアイクリームは、毎日使い続ける事で新陳代謝が出来やすい
状態に導くので、途中でやめたりとか、使ったり使わなかったりを
繰り返していると効果が現れにくいです。

乳液タイプの美容液も目元にいいですが、乳液でも乾燥する季節は
すぐに成分が空気中に蒸発してしまってあまり潤いが
持続しないものが多いです。

しっかりと長時間潤いを持続させるアイクリームがお勧めです。
■黒クマを解消するためにはアイキララ

黒クマを解消するために一番お勧めなアイクリームは、アイキララです。

潤いの成分も、無添加で優しい成分なところも、数あるアイクリームの
中でも断然なコスパで手頃なところも一番です。

目元専用の美容液は、ほとんどの化粧品会社が売り出していますが、
どこも高い値段で、一本6000円とかが普通に売られています。

あまりに高いので、毎月続けたいと思っていてもなかなか続かなくて
途中で諦める人が多いのです。

この値段ですが、アイキララなら毎月3000円以下で続けることができ
値段が手頃なのに効果が高いので沢山の方がリピーターになっています。

成分も無添加なんですが、植物性の上質な油と皮膚を修復してくれる
ペプチドが配合されているので、老化や疲れで衰えてしまった目元の
皮膚をやさしくいたわりながら改善してくれます。

普通のアイクリームには、皮膚の元になるペプチドはあまり含まれて
いないのですが、アイキララには配合されていて使えば使うほど
肌に栄養を与え続けることができるのです。

しっかり栄養を届けてあげることによって、皮膚の疲れを取り除いて
ハリを取り戻すので、ピンと張った目元になることができます。

毎回使う分量がワンプッシュと分かりやすく使えるので、衛生的に
最後まで清潔に使い続けることができます。

目元に栄養を与えながら、皮膚の修復までしてくれるのに値段まで
抑えられているアイクリームは、アイキララだけなのでおすすめです。

公式サイトでも、値段が手ごろなのにしっかり潤うので満足している、
たくさんあるクリームの中でも一番使いやすいなどの意見が多くて
支持されている商品です。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

黒クマに効果的なスキンケアや対策

黒クマは、対策をしっかりすれば良くなります。

どんなふうに対策すればいいのか、何をすればいいのかを
調べてみました。

■黒クマをスキンケアで治す

黒クマの対策として一番簡単で有効なのが目元に栄養を与えてくれる
専用のクリームなどを使うことです。

今までは顔全体の化粧水などを使っていたかもしれませんが、
植物性の化粧用の上質なオイルや、アミノ酸などが入った
クリームを毎日塗ると肌が元気になります。

黒クマは、加齢によるたるみやハリがなくなることが原因なので
肌が生まれ変わりやすいように、栄養を与えると違ってきます。

専用のクリームなどを使って対策すると、肌の新陳代謝が正常になり
肌のサイクルがリズムよく行われ、古い皮膚が生まれ変わりやすくなり
ハリが生まれて皮膚を支える力が強くなります。

目の下の筋肉は、老化とともに筋力も衰えてくるので筋肉を
サポートしてあげるような目的で、保湿クリームを選ぶといいです。

保湿クリームなどのスキンケアで黒クマ対策を行う場合は、少し
時間がかかるので何ヶ月か同じクリームを塗り続けて、様子を見て
改善させるのがいいです。

肌のサイクルを元通りに戻す場合は、2~3ヶ月以上の時間がかかります。
■生活習慣を見直して黒クマ対策をする

黒クマは、一般的に老化によって眼球を支える筋肉が衰えてしまい
目元がたるむ事で影が出来るというのが黒クマです。

最近では、携帯電話やスマホ、パソコンの画面などを何時間も続けて
見続けることによって、目の筋肉が疲れるのが原因ともいわれています。

自分の生活習慣を振り返ってみて、そういえばゲームをしていて
気がついたら1時間もスマホを見ていたとか、電子書籍を見ていて
何時間も休憩をはさんでいないという方は危ないです。

少しずつ休憩を挟むようにして、何時間も通して画面を見ないように
上のために休憩をするようにすれば黒クマ対策になります。

浮腫も大きな原因で、例えば疲れていると浮腫んでしまうので、
ムクミが原因で黒クマになっている可能性も大いに考えられます。

脚が疲れて浮腫んでいる時は、もしかしたら同じようにあなたの目元も
浮腫んでしまっているかもしれません。

氷で冷やしてあげるとか、蒸しタオルで緊張を保護してあげたりすると
目の周りの筋肉が休みますから、工夫をしながら対策しましょう。

生活習慣で誰にでも当てはまるのが、食塩の取り過ぎです。

食塩を取り過ぎていると、無意識に水分が欲しくなって水分を
体にため込んでしまいます。

そうなると浮腫みはできてしまいますし、大量に水分を取るので
腎臓にも負担がかかって血行が悪くなってしまいます。

悪いことの悪循環になるので、目のためにも濃い味付けは避けるといいです。

薄味の食事にするために、ドレッシングの量を控えるとか
あまり調味料をささないようにして食べると簡単に塩分を
減らすことができます。

加齢が原因と言われる黒クマが20代に出来るのはなぜ?

最近は、20代の若い子にも黒クマが出来るそうです。

老人に出来るイメージな黒クマが若い世代に広がっているのは
どうしてなのか調べてみました。
■黒クマが20代に出来る原因はスマホ?

最近は老人に出来やすいと言われている黒クマが20代の
とても若い世代に多く見られるそうです。

普通黒クマは、老化で水分が無くなったり、ハリがなくなったり
コラーゲン不足が考えられるのですが、20代はまだみずみずしい
素肌なのになぜ黒クマが出来てしまうのでしょうか?

一番の原因は、「スマホ」の使いすぎと言われています。

話すことがメインで使われていた携帯電話は、見て触るタイプの
目の筋肉を使うスマホにうつり変って行きました。

このおかげで大変便利になったんですけど、以前の携帯電話と比べて
目で見て認識することが増えたので、名を使う時間が増えました。

私たちの目の筋肉は、慢性的に使い過ぎ、回復する時間がないほど
スマホの画面を見すぎているなどの原因で、10代後半や20代の
かなり若い世代でも黒クマができている人が増えています。

自分には黒クマができているのに、気がつかないで生活している人も
かなり多いので実際にできている人はかなりの人数になると思います。

慢性的にこの生活を続けていると、目を支える筋肉である眼輪筋が
休憩する時間がないので、このまま年齢を重ねると老化が進み
ものすごく若いのに落ち窪んだ黒い目元の人になります。
■若い世代の黒クマを改善するには?

若い世代の黒クマを改善するには、とにかくスマホの画面を長時間
続けてみることをやめることです。

オンラインゲームとか、ドラマとか、映画とかスマホで全部を
済ませる人がいますが、テレビの画面と比べて小さくてあまり
画質もよくないので目が疲れてしまいます。

こまめに休憩を入れたり、目に蒸しタオルを乗せてリフレッシュしたり、
目に残っている疲れを取り除いてあげるのがいいです。

眼球専用のリフレッシュグッズが、家電量販店などでも売られているので
気に入るものがあったら買ってみるのもいいと思います。

目に良い果物を食べるとか、食事に気をつけるのもいいです。

スマホや、パソコンの画面を長時間見つめていると本人が気がつかないうちに
まばたきの回数がかなり減っているそうです。

自分で時間を決めながら、10分たったら瞬きを何回か繰り返すなど
強制的にルールを決めて目に潤いを与えてあげると違います。

目が乾燥したドライアイの状態が続くと、眼球にも傷がつきやすくなるので
あまり良くないです。

とにかく休憩を入れること、何時間も続けてスマホを見ないこと
目をぐるぐるといろいろな方向に動かして、眼球のストレッチをするなど
目にとって疲れがとれるようなことをしてあげます。

長時間目を使い過ぎている人は、目の周りの皮膚にも水分が足りないので
目元専用の保湿クリームなどを使って、皮膚に栄養を与えてあげるのもいいです。

黒クマと青クマの違いについて

クマには色々な種類があります。
今回は、一般的に多い青クマと黒クマの違いについて
分かりやすく紹介します。
■黒クマはどんなもの?

黒クマは、影クマとも呼ばれるもので名前の通り老化で肌が
垂れて目元が垂れることによって影が出来て顔が暗く見える
クマの事を言います。

一番の原因は加齢による肌の衰えが原因で、しっかり目元に潤いを
与えてあげないと肌が乾燥してハリがなくなってしまって
垂れていくのが早くなってしまいます。

重力に引っ張られて肌が下がるなんて言いますが、その通りで
頬も顎も目元もしっかりと潤いをあげて、皮膚に栄養をあげないと
どこまでも下がっていきます。

皮膚が下がると元々合った皮膚の部分が薄くなるので、落ち窪んで
黒く影のようになったりもします。

原因は老化なので、パックしてみたり美顔器などで定期的に
肌の奥まで水分を届けてあげないと、年齢よりも老けて見えてしまう
やっかいなクマです。

マッサージで治そうとする方もいますが、目元は皮膚が薄いので
あまり強く目元の皮膚を押しすぎると、皮膚が押す刺激で色素沈着を
起こしやすくなって、シミのような感じになってしまう事があります。

■青クマはどんなもの?

目の下が青くなるタイプのクマで、血行が悪いのが最大の原因だと
言われています。

生活習慣で寝不足になったり、低体温の人とかに多くて
例えば徹夜したりしたら次の日出来るクマは、この青クマです。

血行が悪い人に青クマが出来やすいので、加齢が原因の黒クマとは
全く原因が違っています。

この青クマは、慢性的に血行が悪くて年中目元が青い人と勉強とか
仕事とかで一時的に目元が青くなる人がいます。

一時的に青クマが出来ている人の場合、黒クマと違いすぐに改善の
余地があるんですけど、生活習慣が変わらないで寝不足の状態が
続いてしまうと毎日のように青クマが出来てしまいます。

青クマを改善するには、まず眠ること。

酷い睡眠不足が原因でまぶたや、目の周りの筋肉が休めなくて
血の巡りが悪くなってしまっているので、しっかり眠って皮膚と
体を休ませて血行を良くするのがいいです。

眠るだけでは慢性的な青クマは、改善しないので黒クマと違い
運動するとか、体を冷やす食べ物をなるべく控えるとか
体の中から改善すると変わります。

黒クマも青クマも同じクマなのですが、両方は出来る原因が違い
それぞれに合った対処をすれば必ず改善します。

青クマは、一時的な原因が多いので治す時も数日で肌色に戻ることも
あるんですけど、黒クマは青クマと違い改善するまで何ヶ月も日にちが
かかってしまいます。

黒クマか青くまか違いを自分で見分けるには、目元の下の皮膚を
指で引っ張ると肌の色が変われば青くまです。
皮膚が薄いので肌を抑えるだけで皮膚の色が変わります。

黒クマは、シワがよっていくので色を見なくても分かります。

目元に出来た黒クマを根本的に治す方法

目元が黒くなる黒クマに悩んでいませんか?

クマや、くすみって様々な理由がありまして
そのタイプに合わせた対策が必要です。

黒クマを治すには何が良いのかを調べてみました。
■黒クマの原因と特徴

(一般的なケース)
黒クマは、そのほとんどが加齢によるたるみ、しわなどが
窪んだりして影になり暗く見えてしまうクマの事です。

加齢による潤い不足、お手入れ不足が大きな原因なので
しっかり正しいケアをしてあげれば治す事が出来ます。

目元は体の皮膚の中でも特に皮膚が薄い場所なので、年齢による
変化を大きく受けやすい場所の一つでもあります。

水分もすぐに抜けやすいので、しっかりと上質な栄養を届けないと
垂れたり、深いシワが刻まれやすくて年齢が若くても目元の
印象で老けて見えることもあります。

男性にも女性にも関係なく黒クマが出来ますが、女性の方が
男性よりも筋肉が少なくて皮膚が薄いので、女性の方がより強く
目元に黒クマが出やすくなります。

(生まれつき先天的なケース)
黒くまはもう一つ理由がありまして、生まれつき目元の脂肪が
普通の人よりも少ないという方もいます。

脂肪が少ないと皮膚も薄くて肌色ではなくて、体の中の色が
そのまま目元から透けて見えやすいのでこのケースの方は
赤ちゃんくらい小さな頃からいつでも黒クマがあります。

とっても元気なのに先天的な理由でいつも具合が悪いと
勘違いされる事が多いです。
■黒クマを根本的に治す方法

老化が原因で黒クマが出来てしまった場合は、しっかり保湿すると
肌の細胞が生まれ変わりやすくなって、黒クマが改善します。

黒クマを自分で改善するには、目元に保湿パックをする、
目元に専用のマッサージをするなどがあります。

この改善に一番最適なのがアイキララです。

アイキララは、コラーゲンをサポートするMGAというビタミンCの
誘導体の一種があり、加齢で失われてしまった肌のハリとか
弾力を蘇らせてくれます。

コラーゲンの持つ栄養素を肌の中に留めつつ、覚醒も促すので
皮膚は若い時のような健康的な肌色になります。

アイキララを使うと、肌の乱れていたサイクルが整ってターンオーバーが
正常に行われるので、皮膚は健康に血行もよく新陳代謝が活発になります。

肌の内側から新しい皮膚が作られるので、ファンデーションで隠したり
コンシーラーで隠したりその場しのぎの方法で隠さなくても
根本的に治す事が出来ます。

先天的に脂肪が少なかったり、皮膚が薄い人にもアイキララは効きます。
コラーゲンをしっかりサポートするので、目元がふっくらしてきて
皮膚が薄い人も肌色の健康的な皮膚に変わっていきます。

生まれつきが原因で黒クマになっていても、アイキララで治す事が出来ます。

毎日2回塗っていれば、血行が良くなって潤いを閉じ込めハリが出て
肌に弾力が出て黒クマが薄くなっていきます。

時間は少しかかりますが、塗り続けていれば肌のリズムが整って
少しずつ肌色に改善されていきます。

⇒アイキララの公式サイトはこちら